相性

コーヒーと相性が良い!おすすめ和菓子3選

大福

イラスト:塩大福

コーヒーは甘いケーキやプリンなどの洋菓子とよく合うことが知られていますが、甘い和菓子と合うことも忘れてはいけません。

大福の甘い餡子は小豆独特の食感も手伝って、苦いコーヒーとの相性がとても良いです。

大福とともに飲むコーヒーは、ミルクも砂糖も入れないブラックコーヒーがおすすめと言えるでしょう。ブラックコーヒーの苦みが大福の甘さを引き立て、逆に大福の甘味もコーヒーの風味を引き出すという相互作用が期待できます。

甘さ控えめの塩大福はホットコーヒーと相性が良く、豆大福など甘みの強い大福はアイスコーヒーとの相性が良いと言われています。温かい飲み物を飲むと甘味を感じやすく、冷たい飲み物は甘味を感じにくくさせるという特徴があるからです。

大福を注文すると店内のイートインスペースで食べられる和菓子店がありますが、その中には大福といっしょにお茶のほかコーヒーを出してくれる店舗もあります。

写真:コーヒーと相性の良い豆大福

※大福について、もっと詳しく知りたい方は「和菓子辞典-大福」を参照してください。

羊羹

イラスト:羊羹

羊羹も大福と並んで甘い和菓子の代表的存在と言えるでしょう。そんな羊羹もコーヒーとの相性は抜群です。

羊羹に含まれる小豆の濃厚な甘みとコーヒーのほろ苦さのハーモニーが食欲を高めます。羊羹の甘味とコーヒーの苦みの繰り返しにより、いくらでも食べられるような気になるでしょう。

栗羊羹は、ホットコーヒーと相性が良いです。ぜんざいや金時にコーヒーを入れて味わうような感じで、コーヒーの苦みと羊羹の甘味の絶妙な組み合わせを楽しめます。

また、ホットコーヒーには甘味をおさえた塩羊羹もおすすめです。先述した通り、温かい飲み物は甘さを強く感じさせるからです。アイスコーヒーなら水羊羹が合うでしょう。暑い夏は、アイスコーヒーと水羊羹という組み合わせがほてった身体を気持ちよく冷やしてくれます。

写真:コーヒーと相性の良い水ようかん

※ようかんについて、もっと詳しく知りたい方は「和菓子辞典-ようかん」を参照してください。

※水ようかんについて、もっと詳しく知りたい方は「和菓子辞典-水ようかん」を参照してください。

どら焼き

イラスト:どら焼き

どら焼きも大福や羊羹と同様に、人気のある和菓子として不動の地位を確立していると言えるでしょう。どら焼きと言えば、渋いお茶を飲みながら食べるイメージが強いかもしれませんが、実はコーヒーとの相性も抜群です。

大福や羊羹と同じでどら焼きにも餡子がたっぷり入っていますが、この餡子の甘味とコーヒーの苦みの相性がとても良いからです。どら焼きは餡子を包んだ生地と餡子の両方が甘いため、中深煎りや深煎りといった苦みの強いコーヒーの相性が良いと言えるでしょう。

深煎りコーヒーが無ければ、ドリップ方式でコーヒー豆に時間をかけて湯を落としたり、コーヒー豆を増量したりしてコクのある濃い目のコーヒーに仕立てることもできます。

どら焼きのしっとりとした食感の生地とコーヒーの組み合わせを楽しむ時と濃厚な風味の餡子とコーヒーを味わう時という2回の楽しみ方があって、コーヒー通にも和菓子好きにもどら焼きとコーヒーの組み合わせは好評です。

写真:コーヒーと相性の良いどら焼き

※どら焼きについて、もっと詳しく知りたい方は「和菓子辞典-どら焼き」を参照してください。

他にも和菓子の種類は豊富

日本の伝統ともに生まれてきた和菓子は、メジャーなものだけでも100種類、地域や店ごともオリジナル和菓子も含めると何百、何千種類とあります。

和菓子ことを詳しく知れば、味わいもまた違ったものになるかと思います。100種類以上の和菓子について、詳しく解説した和菓子種類一覧は以下を参照してください。

和菓子種類一覧

和菓子種類一覧

-相性

Copyright© 和菓子の季節.com , 2020 All Rights Reserved.