気になる和菓子を詳しく説明

和菓子の季節.com

季節のおすすめ

山の日におすすめの和菓子

投稿日:

水まんじゅう

山の日はまさに夏真っ盛りの時期になりますので、夏の涼菓の代表とも言えるツルンとのどごしの良い水まんじゅうはおすすめです。

水まんじゅうが山の日にいい理由としてはその見た目も要因として挙げられるでしょう。水まんじゅうはお店や作り方によって若干の違いはありますが、外側の部分が半透明であったりきれいな透明であったりして中のあんこが外からも見えるようになっています。この涼しげな見た目が暑さを忘れさせてくれるでしょう。

見た目はよくても夏の暑い時期にガッツリなあんこは重たいと思う人もいるかもしれません。しかし、夏に作られる水まんじゅうのあんこは塩分が少し強めに作られていたり甘さを控えられているものが多いので、重たさを感じさせにくい工夫がされているので食べやすくなっています。

くずきり

葛粉を水で溶かして細長い麺のような形にして蜜をかけて食べるくずきりは山の日の時期には最適な和菓子の一つです。

くずきりはその名の通り葛を使用したお菓子ですが、この葛というのは体を温めて発汗作用もあると言われおり漢方などでもよく使用されている材料です。本格的に暑さのピークを迎えている時期でもあり、胃が疲れてしまっている人には、最適の和菓子です。

ただ、葛は非常に貴重な材料で本物の葛を使ったくずきりは簡単に手に入れることはできません。一般的によく売られているくずきりはジャガイモのでんぷんを使用したものが主流です。ジャガイモのでんぷんは火照りを抑えてくれる作用があるとも言われているので、暑気払いとしてはこちらのタイプのくずきりもおすすめです。

水ようかん

イラスト:水ようかん

福井では水ようかんは冬にこたつに入って食べるものとされていますが、一般的に水ようかんと言えば夏の和菓子の代表的な存在でしょう。

粉寒天を使用しており普通のようかんよりも水分量が多く、甘さも控えめで口溶けがなめらかなため山の日周辺の暑い時期であっても食べやすいです。

また、水分量が多いこともありカロリーも少なめなのでダイエット中でも食べやすいかもしれません。

最近では水ようかんといっても、一般的な小豆のこしあんで作られた水ようかん以外にも様々なフレーバーのものが登場しています。コーヒーや抹茶、さつまいもなどお店によって色々な商品が販売されていることも多いので食べ比べしてみるのも面白いのではないでしょうか。

夏の時期のお土産の定番でもあり様々なシーンで喜ばれるお菓子です。

※水ようかんについて、もっと詳しく知りたい方は「和菓子辞典-水ようかん」を参照してください。

あんこの内藤

 

京都・桂 鶴屋光信

 

京菓子 富久屋

-季節のおすすめ

Copyright© 和菓子の季節.com , 2019 All Rights Reserved.