気になる和菓子を詳しく説明

和菓子の季節.com

和菓子辞典

切山椒の特徴・歴史・味

更新日:

写真:代表的な切山椒

特徴

切山椒は砂糖や山椒の汁や粉、上新粉が主な原料の郷土菓子です。

生地を蒸しあげ、白や赤、ピンクや薄緑、キナリなどカラフルに着色して短冊状に切り揃えて作ります。山椒のガクの部分を乾燥させて細かく刻み、餅に練り込んでいます。山椒の風味の良さと食感が魅力です。紅白に染まったものが多いですが、黒糖などを用いた茶色の切山椒も存在します。

冬の時期に作られ、山梨県の甲府盆地や山形県の鶴岡、新潟県の庄内地方などで親しまれてきました。全国的に普及しているわけではありませんが、浅草や新宿などでも切山椒を購入できます。一年を通して販売している和菓子店は多くありません。

年の瀬やお正月などに主に食べられ、合格祈願として受験生の人々にも大変人気があります。俳句などでは、新年の季語として切山椒という単語を使うことがあります。

歴史・由来

夏目漱石の日記にも出てくるような有名な和菓子で、江戸時代から多くの人々に愛されています。

しかしながら、切山椒に関する文献は乏しく、由来は定かではありません。発祥と言われる山梨県の地元の人々でも、歴史的背景を知らない人が多いのです。山椒の強い香りは昔から厄除けとして親しまれてきました。一年の厄祓いと、無事に新年を迎えられるよう、年末の風物詩として昔から食されてきたのです。

また、短冊状の形状が柏子木に似ていることから、冬の火災が多い時期の火の用心として作られていたなどと言われます。一度に多くの実をつけるその性質から、子孫繁栄の縁起物としても有名です。

小堀遠州という茶人が切山椒が好きで、頻繁に食べていたと伝えられています。山椒餅とも呼ばれており、江戸時代後期から算木形になったといわれます。

イラスト:おいしそうな切山椒

風味・味

ふんわりと柔らかくぺろんとした見た目で、カラフルな和菓子です。

山椒の香りがほのかにして、おおいに食欲をそそるでしょう。求肥やお餅が好きな方は癖になるかもしれません。山椒の果皮を乾燥させ粉状にして、ふっくらと蒸してお餅に混ぜて練り上げているので、歯ざわりがとても良いのが魅力です。もっちりと柔らかい食感です。

時々感じられる山椒のピリリとした風味は、シナモンのようでもあります。山椒の適度な刺激がアクセントとなり、餅の甘さをうまく引き立てています。黒糖が練り込まれている切山椒には、さらにコクが感じられるでしょう。

一つ口に含んだとたん、懐かしいような素朴な味わいに包まれることでしょう。飾り気がなく、味わい深さがあるため食べ飽きることはありません。

 

和菓子分類

製法での分類:蒸し物

水分量分類:半生菓子

主な材料

山椒、砂糖、上新粉、黒糖、餅粉、団子粉

※一般的な材料を記載しています。詳しくは製造元に問い合わせてください。

カロリー(概算)

一切れ(30g)で、76kcal

おすすめのお取り寄せグルメ

おすすめのお取り寄せグルメを募集中

-和菓子辞典

Copyright© 和菓子の季節.com , 2019 All Rights Reserved.