気になる和菓子を詳しく説明

和菓子の季節.com

和菓子辞典

もなかの特徴・歴史・味

更新日:

写真:代表的なもなか

特徴

もち米を水でこねて蒸し、薄くのばして切って焼いたもの、それがもなかの皮です。ぱりっとした風味が特徴で、こがし種・白種・赤種・抹茶種など数種あります。

皮の形は、円をはじめ、角や菊、梅鉢などが代表的です。この皮の間に、さまざまなあんが挟まれます。

小倉あん・こしあん・白あんなどが一般的ですが、栗や抹茶、ゆずといった趣向をこらしたものも数多く登場しています。

もなかは全国各地で作られており、お土産や贈答品として幅広い年齢層に人気の逸品です。

形もさまざまで、貝の形をしたものもあれば、灯籠を模したものもみられます。他にも、路面電車や自動車の形をしている現代的なものや、皮がとじられないほどボリュームたっぷりのあんを挟んだものなど、ユニークなもなかが登場して注目を集めています。

歴史・由来

もなかの原型は、干菓子だったそうです。江戸時代になって、この干菓子にあんを挟んだものが考案され、半生菓子として全国に広まっていきました。

その後も改良が加えられて、現在のような形になったのは明治以降のことです。

もなかの形は、「池の面に照る月なみをかぞふればこよひぞ秋の最中なりける(拾遺和歌集)」とあるように、本来は円月形だったのですが、現在では形も文様もいろいろ登場しています。

もなかという名前は、宮中で行われた月見の宴において、白くて丸い餅菓子が出されたことに由来するそうです。その餅菓子を見た公家たちは、「もなかの月」と口にしたそうで、その言葉がそのまま菓子の名称として定着していきました。

江戸時代に考案されたもなかも、この言い伝えをもとに生み出したものらしく、「もなかの月」と称されました。その後、円形ではないもなかが現れてからは、「もなか」と呼ばれるようになりました。

写真:おいしい最中

風味・味

もなかの皮は、大きく2種類に分けられます。

一つは、あらかじめ皮にあんを挟む、昔ながらのタイプです。皮とあんが程よくなじみ、しっとりとした食感を楽しめます。

そしてもう一つは、皮とあんを食べる直前に合わせるタイプです。皮とあんが別々に包装されており、食べるときに自分でもなかを作ったり、店頭で注文をしてからあんを挟んでくれたりします。

サクサク、パリっとした皮の食感と、香ばしい風味を楽しめますよ。

先に合わせるタイプのもなかのあんは、照りや粘りが強いのが特徴です。

皮が湿気るのを防ぐため、水分を少なくし、砂糖の量を多くしているからです。こしあんや白あんは、素朴で上品な味わいから、幅広い年代に支持されています。

あんこの中に餅が入っているタイプも人気があり、もちもちした食感と食べ応えが特徴です。

お店によっては、トマトやかぼちゃを加えたあんを挟むなど、個性的なあんもシンプルな皮には意外とマッチするようです。

和菓子分類

製法での分類:岡物
水分量分類:半生菓子

主な材料

最中種(うるち米)、小豆餡、ゆず餡、白あん

※一般的な材料を記載しています。詳しくは製造元に問い合わせてください。

カロリー(概算)

1個(37g)で、86kcal

おすすめのお取り寄せグルメ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

銘菓 起き上り最中 小倉餡 20個入り| ギフト スイーツ もなか 起き上がり最...
価格:2840円(税込、送料別) (2019/5/12時点)

楽天で購入

 

銘菓 起き上り本舗

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【雑誌やTVなど数多くのメディアで紹介】送料無料 アイスもなか12個セット冷蔵便...
価格:3700円(税込、送料無料) (2019/5/12時点)

楽天で購入

 

ユアーズホテルグルメショップ

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

老舗の女将が選ぶ お年賀 濃厚餡3種類最中と大粒栗入り小倉餡最中 たっぷりギッチ...
価格:2650円(税込、送料無料) (2019/5/12時点)

楽天で購入

 

銘菓 起き上り本舗

-和菓子辞典

Copyright© 和菓子の季節.com , 2019 All Rights Reserved.