気になる和菓子を詳しく説明

和菓子の季節.com

和菓子辞典

あられの特徴・歴史・味

更新日:

写真:代表的なあられ

特徴

あられとは、もち米を原料とした米菓です。もちを小さく切り、焼いたり揚げたりした生地に味付けをしたもの。

おかきと、材料や作り方は同じですが、小型のものを「あられ」と呼びます。明確な区別はなく、だいたいの大きさで分けられています。平べったいおせんべいと違い、ふくらむのが特徴です。

神前にお供えするものから、贈答品や、庶民的なおやつとして、様々な場面で親しまれているお菓子です。

種類としては、鬼あられ、のり巻き、柿の種、品川巻きが、代表的なものです。その他にも、海苔やごま、唐辛子を生地に混ぜ込んだもの。ひなあられなど、カラフルに色をつけたものなど多種多様な「あられ」があります。

お菓子として、あられを楽しむのはもちろん、天ぷらの衣や、お茶漬けの具材としてあられが使われたり、チョコレートにあられを混ぜたお菓子など、料理やお菓子の素材として使われています。

歴史・由来

あられの歴史は古く、平安時代にかき餅(お正月の鏡もちを砕いて作る干菓子のこと)の一種として、アラレ餅・玉アラレが生産されていたと「山城風土記」に記述が見られます。

また、奈良時代に五穀豊穣祈願の際、神前に供えたお米を焙って食したことが「あられ」の起源という説もあります。

江戸時代になると、あられなどのお菓子の原料として餅が作られ、商品として大量生産されるようになりました。明治から大正になると、大衆菓子として親しまれ、今日に続く「あられ」の製法が用いられるようになりました。

あられという名前は、餅を煎るときの跳ねるような音や、小さく膨らんだ形が、空から降ってくる「霰」に似ていることから付けられました。

日本の伝統行事、ひな祭りに「あられ」は欠かせません。平安時代の公家が、ひな遊びをした際、あられを食べたことが由来とされています。カラフルなひなあられですが、それぞれの色には意味があり、緑は邪気を払う、赤は魔除け、白は子孫繁栄と「災いや病を追い払い、健やかに成長できるように」という願いが込められています。

写真:おいしいあられ

風味・味

時々食べたくてたまらなくなるお菓子があられです。

もち米で作られた「あられ」は、ソフトな食感と口どけのよさが特徴です。

うるち米や、小麦粉から作られた、せんべいとは異なった風味です。

味は、塩味、しょうゆ、砂糖をまぶしたものが多いですが、味のバリエーションは増加しています。

餅生地に唐辛子や昆布、海老などを混ぜ込んだものは定番商品になっていますし、変わったところだと、チーズ味、抹茶味、とんこつ味といったものまであります。

また、「ひなあられ」は地域によって、色形や味が違うものがあります。

これだけ色々な種類があると、自分好みのあられを探すのも楽しいですよね。

日本の伝統的なお菓子として、身近で簡単に購入することができる「あられ」、湿気には弱いお菓子なので、袋を開けたら早めに食べきりましょう。

和菓子分類

製法での分類:焼き物

水分量分類:干し菓子

 

主な材料

もち米、砂糖、しょうゆ、昆布、唐辛子など

※一般的な材料を記載しています。詳しくは製造元に問い合わせてください。

カロリー(概算)

100g:292kcal

小鉢一杯(約42g)で、124kcal

 

おすすめのお取り寄せグルメ

浮きあられ専門店 日天製菓

美味しさは元気の源 【自然の館】

新潟米あられおかき 加藤製菓

-和菓子辞典

Copyright© 和菓子の季節.com , 2019 All Rights Reserved.